包茎手術について

男性特有の悩みの一つに包茎が挙げられます。 一般的に包茎とは男性器が勃起していない状態で皮がかぶっていて亀頭が露出していない状態のことを指します。 そのまま放置してしまうと亀頭と皮の間に恥垢が溜まりやすく不衛生な状態になりやすくなってしまったり、性行為の際の痛みや早漏などの原因になってしまいます。 包茎には平常時には皮を被っているが勃起時には亀頭が露出する仮性包茎、皮の先端の輪が小さくなっているため勃起時に痛みを伴ったり亀頭が締め付けられてしまうカントン包茎、皮の先端の輪が小さく平常時も勃起時も鬼頭を露出することができなくなっている真性包茎が挙げられます。 いずれも包茎で悩んでいるのでしたら包茎手術がお薦めです。 クリニックなどでも快適に包茎手術が受けられるようになっていますので、検討してみましょう。

包茎手術を受けることを検討しているのであれば、事前にどのぐらい治療費が必要なのかということを知っておきましょう。 包茎手術の平均的な治療費の相場は、カントン包茎や真性包茎を泌尿器科などで治療する場合は保険を使用すれば大体1万〜3万円ぐらいということが多くなっています。 包茎手術に特化しているクリニックなどでは10万円〜20万円ぐらいとなっています。 前者は包茎手術の治療費を抑えたいという方にお薦めですが、こちらの場合は包茎ではない状態するということを指標にしていることが多く、術後の見た目はクリニックなどで手術するのと比べてみると少し目立ってしまう可能性が高くなります。 見た目も綺麗にして貰いたいのでしたら、クリニックなどで包茎手術を受けるようにしましょう。

手術費用

包茎の状態を放っておくと、感染症にかかる恐れがあり、また、パートーナーとの性行為によって感染症を移してしまう危険もあります。トラブルを阻止する為にも早い段階で包茎手術が必要です。手術を受ける前に、費用などをチェックしましょう。

Read more

種類について

一口に包茎とはいっても、それぞれ種類があり、種類によって包茎の形状も異なります。また、包茎の種類で手術の必要性が高いのか、低いのかが分かります。包茎の男性は、自身がどの包茎に当てはまるのか調べておきましょう

Read more

メリットを知る

思春期を超えても亀頭が包皮に覆われている男性は、包茎である可能性があります。勃起時でも亀頭が露出しない場合は真性包茎に分類されるので、手術が必要です。包茎の手術となると抵抗がありますが、包茎手術をする事によって様々なメリットが得られます。

Read more