手術費用

泌尿器科で真性包茎やカントン包茎の手術を受ける場合は、健康保険の適用を受けることができます。真性包茎の場合は、そのままにしておいたのでは正常な性行為を行うことができません。また、包皮の中に恥垢や汚れがたまりやすくなってしまいますので、感染症のリスクが高くなります。一方、カントン包茎を放置しておくと、ペニスが壊死して最終的には切断せざるをえなくなってしまいます。どちらの場合も治療が必要な疾患の一種だと考えることができるため、保険治療を受けることができます。手術に保険が適用された場合の自己負担額は概ね1〜3万円前後です。ただし、見た目の仕上がりをキレイにしてもらいたいのであれば、美容外科で保険が適用されない手術を受けるようにした方がよいです。その場合は、だいたい20万円前後の費用がかかります。

包茎であることが大きなコンプレックスになっている男性がたくさんいますが、手術で簡単に治すことができますので、思い切って治療を受けてみることをおすすめします。真性包茎の場合は、勃起するたびに激しい痛みに襲われることになりますし、そのままにしておくと結婚することもできないため、自分から治療を受けに行く人が大半です。でも、仮性包茎の場合は、勃起時にはとりあえず皮が剥けますので、切実に困ってしまうようなことはありません。ただし、見た目が悪くて恥ずかしいと感じる人が多く、女性とのお付き合いにも積極的になれない人が少なくありません。でも、包茎手術を受ければ、ペニスのコンプレックスから簡単に解放されることができます。包茎手術を受けた結果、性格まで明るくなることができたという人がたくさんいますので、悩んでいる人には手術をおすすめすることができます。