種類について

包茎には、「仮性包茎」、「真性包茎」、「カントン包茎」と大きく3つの種類に分かれます。この3種類の中で最も多いのが、「仮性包茎」です。仮性包茎とは、男性器が正常時の場合は、亀頭が包皮に覆われており、勃起時には亀頭が露出するといった包茎です。仮性包茎に関しては、亀頭が露出しても、痛みを感じることはなく、こまめに手入れしていれば、感染症にかかる心配もありません。しかし、衛生的に悪いという事に変わりはないので、包茎手術をする必要はあります。包茎手術は全国各地で受けられます。名古屋エリアで手術を受けたい場合は、名古屋のクリニックをチェックしましょう。ネットでは、各エリアにあるクリニックの評判がチェック出来る口コミサイトなどもあります。名古屋のクリニックの評判が知りたい場合は、名古屋クリニック口コミと検索しましょう。

仮性包茎は手術の必要性が低いですが、真性包茎やカントン包茎といった種類は、早めの手術が必要となります。真性包茎の場合、勃起時でも亀頭が包皮に覆われている状態なので、常にゴミが溜まっている状態になります。こうした状態をそのまま放っておくと、感染症にかかる恐れがあるので、早めに包茎手術を受けるようにしましょう。

カントン包茎の場合は、無理やり包皮を剥いて亀頭を露出させる事は出来ますが、一度剥いたら元に戻らないという状態になります。包皮を剥いたままの状態にしてしまうと、亀頭が包皮で締め付けられ、鬱血や水ぶくれといった様々なトラブルを引き起こします。最悪の場合、亀頭が壊死してしまう事があるので、こちらも真性包茎と同じく早めの包茎手術が必要になります。包茎手術にかかる費用は、仮性包茎と真性包茎、カントン包茎によって変わるので、手術を受ける際は事前にクリニックのホームページで料金をチェックしっておきましょう。